塩と砂糖を準備します

梅2kgに15%の塩を用意します。塩は300g用意しました。塩分量は大事なので、きちんとはかりましょう。精製塩より粗塩のほうがにがりを含んでいて梅干しの仕上がりが良いようです。


砂糖は200gくらいです。これは袋に総量が書いてありますから、だいたいでOKです。それぞれ使いやすいようボールに入れておきます。


梅に塩をまぶしましょう

まず、半量くらいの梅をボールに入れて、ホワイトリカーをかけます。


余分なホワイトリカーを流して、塩と砂糖を全体の1/4量まぶします。



すべてはカビ防止のため

道具や容器はカビ防止のため、ホワイトリカーを吹き付けます。重しやふたも忘れずにやりましょう。塩分量をきちんとはかり、アルコール消毒していけば梅干しのカビが防げます。


このページの先頭へ